Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うう・・・

友達カップルが高知に遊びに来てくれたので、
今回は自然を満喫しよう!ということでバス釣りへ。
いつも行っているダムに行った。
1時間ほどやっていただろうか・・・
針が根がかりしてしまったので、それを取ろうとひっぱった。
いつも気をつけてやっているし、今回もそのつもりだった。
いきなり目に衝撃! 針についている鉛の重りが、私の目に直撃してしまったらしい。一瞬頭が真っ白になり、しゃがみこんだ。
目を押さえると血がついた。。眼球がつぶれた。と瞬間思った。
目を開いても右目だけ真っ白で何も見えない。
ぱにくって、だーさんの名前を呼んだ。友達も駆けつけてきた。
私は、目が見えない、失明したかも!!どうしよう!!そればかり
言っていた。救急車で総合病院へ。
目を強く打撲したため、内出血していて詳しく検査ができないらしい。
網膜はく離の可能性もあるということで安静に過ごすように
言われた。網膜はく離・・。ボクサーが目を殴られてこのような状態に
なるのだが、ひどければ失明するらしい。
はあー。ついてない。みんなに迷惑かけてしまった・・・
スポンサーサイト

また問題・・・。

内膜ソウハの結果はまだ全て出ていなかったが、やはりグレー。
今、他施設で、私のような症例はどのような治療をしているか
調べているところ、とりあえず癌細胞はなかったみたい。

しかし!今日のエコーで、残してある左卵巣に腫れが見つかった。
4.5センチ。水も溜まっているみたい。
確かにここのところ卵巣がちょっと痛かった。
でもよくあることだったし、毎月検査してるから特には
気にしていなかった。
日にち的には排卵から黄体期にかかるところなので微妙なところ
らしいが、エコーの一部に、白いもやっとしてものが写っている。
これがもしかしたら腫瘍かもしれないって・・・。
ホルモンでもそのように写ることもあるけれど、腫瘍の可能性も
否定できないらしい・・・。
5月に撮影したエコーは、ふつーのきれいな卵巣。
たった1ヶ月でこの変化は・・・。主治医は、悪いものだとしても
こんな短期間で変化あるかなぁ・・・と、一緒にいた研修医と話している。しかも6月はじめ(って10日前だよ)のMRIの画像も
特に腫瘍らしきものは写っていないし、サイズも3センチほど。

「先月のように戻ってくれたらいいんだけどね」と
言われ、凹んで帰ってきた。

再発なのか、新たにできてきたのか??
はたまたただのホルモンバランスによるものなのか・・・。
今回は内膜増殖症のこと+卵巣癌再発疑惑で、
かなりしんどい状況。

次回診察は7月4日。



ドキドキ

今日はサッカー日本×オーストラリア戦ですね。
私も今からお風呂に入ったり、片付けを済ませ、22時から
TV見ます。ダーさんも準備万端。

明日は外来。
手術から1週間経ってないので、病理結果は出ているかわからない。
一部出ていたらその結果は知らせてもらえる。
悪性細胞が出たら・・・と思うとかなり怖いけれど、
どっちにしろ私は卵巣癌患者。←こっちの方が今後も厳重注意なため、
なんとなく前よりは落ち着いている気がする。

ただ、今回で、ホルモン治療開始か、子宮摘出もありうるので
それなりの覚悟はしなくちゃいけない・・・。
フォローという道もあるにはあるみたいけれど、どうなんだろ、
どっちか選んだ方がいいんだろうな。

ここ数日は上のことを含めいろいろあったので精神的に疲れてる。
おまけに今朝地震があったので、ちょっとだけ寝不足。

ゆっくり、何も考えずに眠りたいなー。
今日はフランキンセンスを炊いて、瞑想してから眠ろう。


我が家の野菜

我が家を建てるときに、お義父さんが、花壇を作ってくれた。
ガーデニングに憧れていたので、ハーブや花をたくさん植えよう!と
意気込んでいた。3箇所花壇があるので、リビングに近いところには
ハーブ。家の入り口に花、奥に野菜でも植えてみよーということに
なり、去年からやり出した。・・・が、飽きっぽい&虫大嫌いの
私は花壇の管理が結構大変なことに気づき、結構凹みました。
それでも今年もチャレンジ!
今、我が家には、スイカ、なす、きゅうり、トマト、プチトマトが
植えてあります。ハーブも数種類、花壇も今満開です。
てきとーにやっている割りには元気に育っている。(雑草がかなり
成長しているのけれど、今のところ見ないフリ・・・)
今日はきゅうりとプチトマトを収穫!
自宅で育てた無農薬の野菜はなんかいとおしくて、食べるのがもったいないくらい。
トマトは今後一体どれだけできるんだろう!?というくらい
青い実がなっている♪



愛しのドクター

主治医との出会いは、2003年9月。
結婚で他県に嫁ぐので、転院先を探していた。
ある日たまたま古本の処分をしようとしていたら以前買った
がん雑誌が出てきた。そこに載っていたのが今の主治医。
電話してみたら、本人が電話口に出てくれ、一度来てください。との
こと。初めて外来に行き、待合室で待っていると、向こうから
彼らしき人物が・・・。私の横のおばあさんの前で止まった。
「○○さん、調子どう?」と、おばあさんの目線までしゃがみ
笑顔で話しているのを横目で見て、絶対いい先生だ!!とピンと
来た。やさしい目をしてた。

追記を表示

内膜掻爬

おととい夜から入院し、昨日内膜掻爬してきた。
前回のポリープ、体癌検査で、グレー細胞が見つかったので、
さらに多くの情報を得て治療するための処置だった。
術前撮ったMRIは、ポリープのところの内膜が少し厚くなっている以外は、筋肉層も癌に見られる崩れもなくきれいとのこと。卵巣も
異常なし。とりあえずほっとした。
そのため、細胞レベルで悪性細胞がないかを調べることになった。
入院当日は特にすることもなく、だらだらと過ごす。
途中、麻酔科からの説明や下剤を飲んだりする程度。
恐怖のラミナリア挿入は当日朝入れることに。。
睡眠導入剤をもらい、さっさと寝てしまう。久しぶりの眠剤が
かなり効いたのか、11時ころトイレに起きたとき足元がふらついた。

当日、朝6時に浣腸。10分我慢して!と言われたのにもかかわらず
我慢できず失敗に終わった。。。なのでもう一度。痛いよー。
8時半にダーさんと二人で、主治医から今までの経過と手術の内容を
詳しく聞く。最悪のことまで聞いてみた。もし癌だったとしたら、1A期くらいだろうとのこと。そしたら子宮全摘。そのままグレーゾーンだとしてもホルモン治療はするらしい。卵巣癌治療した人がホルモン治療をして果たして大丈夫なんだろうか?そのことを聞いてみたけど、
データがないらしい。それで卵巣癌再発も予防できたらお得だけど
逆の刺激をしてしまったら怖い。
願わくば、細胞診?くらいに
なってたらいいけど。
いよいよ恐怖のラミ挿入。
私の子宮は後屈がひどいため、まっすぐなラミはとても入りづらい様子。お腹に針を刺されるような痛みが何度も続く。思わずお尻が椅子から浮いてしまう。ううう。結局うまく入らないため、子宮口ルートを
確保するだけの処置になった。それも痛かったが・・。
最初からそうしてくれー!

追記を表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。